解決ちょこっと!by INDIGO CANDY ねね

上海で育児の傍らゆるーくママ&キッズ向けヘアアクセを作っている、日本人デザイナーねねのブログです。メインは上海ライフハック

「思い出」物の増産を防ぐ、ミニマリスト夫婦の合言葉

こんにちは!

INDIGO CANDYのねね(@nenenotebook)です。

 

我が家は子どもがいるにしてはモノが少なく、外出や旅行の時も「え?それだけ?」と友人に驚かれるくらい荷物が少ないです。

なぜなんでしょう?

 

別に物を持たないよう心がけているわけでもなく、自分でも意識していなかったのですが、ちょっと考えてみました。

 

 

1、夫婦とも「どーにかなるさ」と楽観主義

私だけでなく、夫も荷物が少ないです。

下手すると子連れで外出するのに手ぶらに近い状態です。

 

近所を出歩く時は本当に必要な財布、スマホ、ハンカチティッシュくらいしか持ってません。

 

「もしこうなったらどうする?」という思考がないというよりは、その発生確率5%くらいのことのために重い荷物をたくさん持って歩くのが煩わしい

 

雨が降ったら建物で雨宿りしたり、濡れても帰宅して着替えればいいし。

他のことも同様に、出先でどうにかなるか帰宅すれば済むことばかりなので、不必要なものは持っていません。

 

2、夫婦とも一人旅をよくしていた

冷静に考えると、10代の頃は普通に荷物を持っていました。

どうして1のような考えになったんだろう?

 

私も夫も、結婚前はよく一人旅をしていました。

長期の一人旅になると、バックパックが重いと動きづらいので、いかに荷物を必要最低限にするかというのが重要になってきます。

 

その経験を重ねることで、自分にとって本当に重要なものと、出先で調達できるものが何なのか見極められるようになった気がします。

 

3、ほしいものがない

夫婦とも、特にほしいものがありません。

誕生日プレゼント何がいい?って聞かれても、具体的なものが全く思い浮かびません。

最近買ったものといえばミシンですが、どちらかというと生活必需品というか、仕事道具なので…

 

物欲が低いので、ものが溢れないんだと思います。

 

4、おもちゃ棚を増やさない

子どもが生まれたら、さすがにモノが増え始めました。

ただ、おもちゃ棚はひとつしかなく、その棚から溢れないようにしています。

 

「この棚に入らなくなったら、新しいものは買わない」

「新しいものを買うなら、この棚にあるものを手放す(他人に譲るなど)」

物心つく前から根気強くルールを教え、6歳娘には定着しました。

 

5、「思い出」関連物をためこまない合言葉

f:id:nene01:20171013112622j:plain

 

おもちゃの増加以上に頭を悩ませるのが、「思い出」です。

子どもの絵、工作、フォトブック、動画・・・

いくら持たない主義でも、扱いが難しい分野だと思います。

 

我が家はあまり、思い出が形になったものが室内にありません。

というのも、どちらからともなく出て、今では共通認識となっている、夫婦間の合言葉があるのです・・・

 

「想い出は心のメモリー

 

そう、思い出は心に刻むのです。

写真や動画もかなり少ないと思います。

子どもたちの記録は、データでは保存してあります。

 

思い出関連物を捨てる時には、「想い出は、心のメモリー」と呪文のようにとなえ、容赦なく捨てます…

一応子どもの作品は一定期間飾って写真に撮って許可を貰ってから処分しますが、どんどんたまっていくという事態にはなりません。

 

このとき頭の中に流れるのは、、

H2Oの「想い出がいっぱい」!

 

www.utamap.com

 

H2Oの「想い出がいっぱい」。

ゆきのEDですが、学校の合唱曲でも歌われます。

 

合言葉をつぶやいた後は、頭の中で想い出がいっぱいを再生。

そうすると、子どもたちの一つ一つの可愛い言葉やしぐさが心に焼き付いていきます…

 

6、が、しかし・・・

時間が経ってから子どもに「あの時のこと覚えてる?」と聞かれることがありますが・・・

 

え?なんのこと??

 

夫婦ともども、過去の事はすぐ忘れます。

 

合言葉をつぶやいた後は、頭の中で想い出がいっぱいを再生。

そうすると、子どもたちの一つ一つの可愛い言葉やしぐさが心に焼き付いていきます…

 

これは頭に想い出を焼き付けるためではなく、面倒くさがりな夫婦が良心の呵責を回避するための儀式だったようです。

心のメモリーに全然焼きついてない_| ̄|○

 

7、まとめ

なぜ我が家にはモノが少ないのか、荷物が少ないのか。

「楽観主義」「物欲が乏しい」「面倒くさがり」「過去を振り返らない」

というのが、夫婦に共通しているからだと思います。

 

ただ、子どもたちの感性は違うので、これから成長してくるに伴いモノが増えてくる可能性が高いのですが・・・

都度、考えていこうと思います。

 

 

♪ねね♪

 

 

 

おしらせ

★上海でママ&キッズ向けヘアアクセを作っています。

★↓古北のサロンで委託販売しています。

プライベートサロンNIRAMECCO
【アクセス】上海市水城南路51弄9号103钻石公寓内(古北カルフール向かい)
【営業時間】火曜日定休 10:00~19:00 (最終受付時間)

【予約電話】137-6477-1939(日本語可)

※Wechatからのご予約も可能です。ID:niramecco0306

★minne(ミンネ)に定番商品のカタログを掲載しています。

INDIGO CANDY GALLERYへ

★一点ものや試作品など突発的に作ったアイテムはインスタに掲載しています。

↓ねねをフォロー

Instagram

★中国在住の方は国内配送可能です。minneやインスタに掲載しているアイテムをオーダーご希望の方はお問い合わせページよりご連絡ください。

 

↓2年使ってるVPN。2017年10月13日現在、まだ使えてます。